フライト

ANA羽田⇔フランクフルト/ミュンヘン搭乗記。ドイツ路線を比較!

ANAのモニター(ボーイング777)

今回は言わずと知れた日本の大手航空会社『ANA』ドイツ路線の搭乗記をお伝えします。これまで何度も利用している航空会社で、僕が最も好きな航空会社です。

この記事では羽田空港とフランクフルト、ミュンヘンを結ぶ路線をご紹介していきます。

※掲載の情報は2019年12月時点のものです。

評判

搭乗記を書く前に、ANAの評判について調べて見ました。同じスターアライアンスで今回紹介するドイツ路線を運行するルフトハンザ航空、ドイツのお隣フランスのエールフランス航空と比較してみます。

ANAルフトハンザエールフランス
H.I.S3.7 / 5 点3.4 / 5 点2.8 / 5 点
トリップアドバイザー4.5 / 5 点4.0 / 5 点3.5 / 5 点
Fly Team4.0 / 5 点3.8 / 5 点3.5 / 5 点

ヨーロッパの2大航空会社と比較してもANAの評判は非常に高いということが分かります。

それもそのはず。航空会社の格付けなどを行うスカイトラックスが選ぶ「ワールド・ベスト・エアライン」において、ANAは2017年から2019年まで3年連続で世界3位を獲得するほど評価の高い航空会社なんです。

ちなみに同じ日本の航空会社であるJALは、2019年は11位でした。ANAより上にいるのは、こちらも上位の常連であるカタール航空とシンガポール航空です。

 

定時運行率

続いてはANAの定時運行率です。定時運行率は予定時刻から15分以内に出発した割合で、遅延の少なさを計る重要な指標です。

イギリスのOAG社 (Official Airline Guide) が発表した2019年のANAの定時運行率は85.92%。これは全航空会社の中で7位、定期便の運行数上位20社の中で3位という非常に優秀な数字です。

ANAは数ある航空会社の中でも遅延の少ない航空会社であることが分かります。

 

機体

ANAの機体

ANAの機体は、前方から尾翼にかけて伸びるブルーのラインが特徴のお馴染みのルックスです。

窓の上には「ANA」の文字と日本国旗、そして同社のキャッチフレーズである「Inspiration of JAPAN」文字が描かれています。

今回ご紹介する羽田空港とフランクフルトを結ぶ便(NH203/204)はボーイング777-300ER、ミュンヘン便(NH217/218)はボーイング787-9が使用されています。

ボーイング777-300ERは座席数が最大で264席の大型旅客機。ボーイング787 (通称ドリームライナー) は2011年にデビューした比較的新しい機体です。

 

機内・座席

ANAのシート(ボーイング777)

まずは羽田⇔フランクフルト便の機内からご紹介します。

座席は「Fixed Back  Shell」と呼ばれる、シートを倒さずにリクライニングできるタイプです。

これが賛否両論で、前の人がシートを倒しても邪魔にならない、後ろの人を気にせずにリクライニングできる、というメリットがある一方、リクライニングしにくい、姿勢があまり楽にならない、というデメリットがあります。

正直、僕はシートが倒れるタイプの方が好きです。

 

ANAのモニター(ボーイング777)

モニターは10.6インチのタッチパネル式モニター。画面の下にはUSBの差込口が付いていて、スマホなどの充電もできるようになっています。

 

ANAの座席(ボーイング777)

シートの間隔は34インチ (約86cm)。足元にはフットレストが付いています。長時間のフライトでは足の血流が悪くなりがちなので、これが地味にありがたい!

フットレストが付いている航空会社は案外少ないです。膝下が短い日本人の体型を考えてなのか、さすがANAは気が利きますね。

 

ANAの座席(ボーイング777)

テーブルの後ろにもドリンクホルダーが付いています。これも実に便利で、食事中にもしっかりとドリンクを支えてくれます。

こちらも欧米の航空会社ではあまり見ない仕様です。テーブルの裏にしかない場合が多く、食事中は使えません。

テーブルの上にドリンクを乗せていると揺れた時に倒れそうになって怖いです。

 

ANAのトイレ(ウォシュレット)

もうひとつANAの機内の特徴でご紹介しておきたいのが「お手洗い」。ウォシュレットが付いてい流のももANAならではです。

飛行機のトイレにウォシュレットが付いている航空会社はほとんどないと思います。そもそも海外では日本ほどウォシュレットが一般的ではないので、初めて使用して驚く外国人の方も多いのではないでしょうか。

 

ANAのモニター(ボーイング787)

続いて羽田⇔ミュンヘン便の座席です。シートの間隔は34インチ (約86cm) で、フランクフルト便と同様です。

モニターは高解像度の9インチモニターを搭載。フランクフルト便は10.3インチでしたが、デザインのせいかそれより大きく感じます。

こちらもUSBの差込口が付いており、スマホなどの充電に対応しています。

 

機内食

ANAの機内食

羽田⇒フランクフルト便は深夜便の為、機内食は朝食の1回のみです。この時は「白身魚の照り焼き」(写真) または「イングリッシュマフィン&オムレツ ラタトゥイユ添え」でした。

前菜はあらびきポテトサラダ、スモークサーモン、ビーツとオニオンのサラダ、ケッパー、フレッシュハーブ。小さいながらも色々な味が楽しめます。前菜へのこだわりが感じられますね。

サラダはミックスリーフのサラダにイタリアンドレッシングをかけていただきます。フルーツはリンゴとパイナップル、キウイ。

どれもこれもハイクオリティです。中でも白身魚の照り焼きはとても美味しかったです。やっぱり>和食を作らせたら日本の航空会社に勝るものはありません。

 

ANAの機内食

ここからはミュンヘン⇒羽田便の機内食。夕食と朝食の2回です。

夕食は「エボダイの照り煮」(写真) または「ビーフシチュー マッシュポテト添え」でした。

前菜にはポークシュニッツェル (ドイツのカツレツ)。ひとつめの小鉢にはいなり寿司と厚焼き玉子、もうひとつの小鉢には切り干し大根、唐揚げ、枝豆が乗っていました。

サラダはミックスリーフとチェリートマトのサラダ。デザートにはバニラアイスが出ました。

和洋入り混じった感じはありますが、どれも美味しかったです。そしてやっぱり和食は良い。

 

ANAの機内食

朝食は「鮭の幽庵焼き」または「ミートグラタン」(写真) でした。

洋食もやっぱり美味しい。ドイツの焼き菓子であるプレッツェルとフルーツ、デザートが付いてきます。

 

ANAのミールサービス

日本発着の路線では、有料の機内食にアップグレードすることができます。事前にANAのウェブサイトで和食または洋食を選んで注文します。

羽田・成田発の路線では、「ピエール・エルメ」とコラボレーションしたデザートが付いてくるとのこと!次回はぜひ試してみたいと思います!

 

機内でのドリンクサービスは、ジュースやコーヒー、お茶、ビール、ワインなど一通りのメニューが揃っています。

ANAオリジナルの「香るかぼす (はちみつ入り)」「コーヒー」「ディカフェコーヒー」「紅茶」「コーンスープ」「赤/白ワイン」があるので、ぜひ一度試してみてください。

お酒はワイン、ビール、ウイスキー、ジン、ウォッカのほか、日本酒も用意されています。お酒好きの方は寝ている場合ではありませんね。

 

機内エンターテイメント

ANAの機内エンターテイメント

続いては映画などの機内エンターテイメントのご紹介。

ANAの特徴として、日本語のコンテンツがとても充実しています。これは日本の航空会社ならではです。英語が分からない人にはとても重要なポイントではないでしょうか。

この時は、当時公開開始から約3ヶ月で当然DVDも未発売の「引っ越し大名!」や、こちらも当時DVD未発売の「劇場版ONE PIECE STAMPEDE」といった新作をはじめ、日本の映画が多数。

他にも日本のドラマやバラエティー番組、日本人アーティストのライブ映像など、海外の航空会社にはない充実度です。

海外の映画やドラマも日本語の字幕付きで見ることができます。こちらも新作から旧作までたくさん揃っており、長時間のフライトでも飽きることがありませんでした。

「スカイライブTV」という生のテレビ番組が見れるサービスもあります。NHKワールドや、CNN、スポーツ24がリアルタイムで見れます。

 

ANAの機内安全ビデオ

機内コンテンツではないですが、離陸前に流れる機内安全ビデオが面白かったです。

航空会社それぞれに特徴があるので結構注目しているのですが、ANAは歌舞伎をモチーフにした日本らしい映像

実際の歌舞伎俳優さんが出演して、機内の安全設備や緊急時の対応方法を教えてくれます。日本人はもちろんですが、特に外国の方が楽しめそうな映像になっていました。

 

Wi-Fiサービス

ANAのWi-Fiサービス

ANAの国際線では有料でWi-Fiを利用することができます

30分 (15MBまで) で4.95USドル (約550円)、60分 (30MBまで) で8.95USドル (約1,000円)、フルフライト (100MBまで) で19.95USドル (約2,200円) となっています。

やや割高な上にデータ量の制限があるので、動画を見たりはできませんが、どうしてもインターネットを使いたい時は利用して見ても良いかと思います。

 

機内誌

ANAの機内誌

ANAの機内誌は「翼の王国」というもので、月替わりで発行されています。もちろん日本語で書いてあるので、内容をじっくり読むことができます。

反対に日本語のみなので外国のお客さんは読むことができない方が多いじゃないかな、と心配。

写真に写っているのは機内誌の翼の王国と、機内エンターテイメントの紹介、免税品のカタログでした。

 

サービス

ANAの良さのひとつはサービスの良さだと思います。CAさんの接客態度やちょっとした気配りなど、海外の航空会社に比べて気持ちよくフライトが出来ることは間違いありません。

ANAの前に乗ったのがサービスの悪さで評判のアエロメヒコだったので余計にそう感じるのかもしれませんが、やはりおもてなしは日本の得意分野ですよね。

※参考記事:アエロメヒコ航空搭乗機。最悪な評判の真相は…

トラブルが発生した時の対応を見ていても、冷静かつ迅速に対応出来る方が多いと感じます。もちろん人によって経験に差があったり、中には印象の良くない人もいますが、総じてレベルが高いことは間違いありません。

サービスの質を求めるなら絶対に海外の航空会社よりもANAがおすすめです!

 

個人的評価

★★★★★★★★★☆ 9/10

機体:細かい所に手が届く気の利いた設備が用意されている
機内食:美味しい。特に和食の味は海外の航空会社に圧勝
エンターテイメント:日本語のコンテンツ数が圧倒的です
サービス:世界トップクラスのサービスだと思います

今回もとても快適なフライトでした。安定感抜群のサービスで、ストレスなく旅行できます。間違いなく一番オススメの航空会社です!

 

次回は自動チェックイン機を使用したANAのチェックイン方法をご紹介します!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です