フライト

エミレーツ航空エアバスA380搭乗記。空飛ぶホテルの噂は本当か?

エミレーツ航空エアバスA380

今回は先月の海外出張の際に利用した『エミレーツ航空』の搭乗記をお伝えします。

「空飛ぶホテル」とも呼ばれる「エアバスA380」にも乗ることができました!果たして噂の通り豪華なのか、体験してきました。

エミレーツ航空について

『エミレーツ航空』はUAE (アラブ首長国連邦) のドバイを本拠地とする航空会社です。

1985年に設立されたエミレーツ航空は、積極的な路線拡大と広告戦略により顧客を獲得してきました。

また、最新鋭の機体購入を積極的に進めており、後ほど紹介する総二階建ての巨大飛行機エアバスA380を最も多く保有しているのはエミレーツ航空です。

エミレーツ航空はサッカーやF1などスポーツのスポンサー活動にも力を入れています。

スペインのレアル・マドリード、イタリアのACミランなど世界最高峰のサッカーチームのユニフォームに大きな「Fly Emirates」のロゴが入っています。

そのほか、イングランドのアーセナルFCのホームスタジアムはエミレーツ航空がネーミングライツ (命名権) を持っているため、「エミレーツ・スタジアム」という名前になっています。

エミレーツには以前から乗ってみたかったので、念願が叶いました。

エミレーツ航空は世界に3つある主要なアライアンス(航空会社のグループ)のどれにも属していません

僕がマイルを貯めている航空会社との提携もない為、普段は選びにくいんですよね…。

 

エミレーツ航空の評判

搭乗記を書く前に、その評判について調べてみました。比較のため、日系のJAL(日本航空)、そして同じ中東系大手のカタール航空、エティハド航空と比較してみます。※2019年6月現在

エミレーツ航空JALカタール航空エティハド航空
H.I.S3.5 / 5 点3.8 / 5 点3.6 / 5 点3.4 / 5 点
トリップアドバイザー4.5 / 5 点4.5 / 5 点4.0 / 5 点3.5 / 5 点
Fly Team4.3 / 5 点4.0 / 5 点4.1 / 5 点4.2 / 5 点

いずれのサイトでも日系のJALと比較しても遜色ない高評価となっています。

さらに、顧客満足度上位の常連カタール航空とも同様かやや上回るレベル、以前ご紹介した<エティハド航空>には全サイトで勝利しています。

エミレーツ航空の評判は非常に良いということが分かりますね。

 

エミレーツ航空の定時運行率

2018年のエミレーツ航空の定時運航率は81.44%。ANAの83.81%や、カタール航空の82.95%に引けを取らない優秀な数字です。

上位だけ並べると分かりにくいかもしれませんが、アメリカのユナイテッド航空が78.06%。

イギリスのブリティッシュ・エアウェイズが75.78%、中国国際航空は60.14%となっています。

全体で見ても定時運行率が高い航空会社と言えるでしょう。

 

エアバスA380の機体・機内

エミレーツ航空のエアバスA380

エミレーツ航空の機体は、機体の横に大きく描かれた「Emirates」の文字と尾翼のUAE国旗がトレードマーク。

「エアバスA380」「空飛ぶホテル」とも呼ばれる総二階建ての巨大旅客機で、定員はなんと500人以上です。間近で見ると圧倒的な大きさ!すごく迫力があります。

機内に乗り込むと2階(ビジネス/ファーストクラス)へ続く階段があります。木目調の手すりが付いた高級感のある雰囲気でした。

エコノミークラスの僕は階段の横をスルーして自分の座席へ…。

 

エミレーツ航空の機内

座席やモニターは新しくて綺麗でした。しかし、エコノミークラスは他の機体とそこまで大きな差はありません。

映画や音楽が充実しているとの噂でしたが、他の航空会社とそれほど差はない印象です。嬉しかったのはWi-Fiが20MBまで無料で使用できること。もちろん追加で購入もできます。

特に席が広いわけでもなく、機内食が豪華なわけでもありません。しかし上司曰く、ビジネスクラスは豪華だったらしいです。やはりビジネスクラス以上は違うんですね。

ファーストクラスになると、空飛ぶホテルの名にふさわしく個室のようになった最上級のシートが用意されているそうです。いつか乗ってみたいものですね。

 

機内の照明が消えると天井に星空のようなライトが光ります。砂漠の星をイメージしているのでしょうか?綺麗でした。

 

エミレーツ航空の機内食


エミレーツ航空の機内食

続いては機内食。ディナーは和風ハンバーグか、カレイのソテーでした。私は和風ハンバーグを選びましたが、お肉も割と柔らかくて、美味しかったです。

エミレーツ航空はイスラム教の国であるUAEの会社なので、機内食もイスラム教で禁止されたもの(豚肉など)が入っていない「ハラル」というメニューになっています。

 

機内でもらえるグッズ

エミレーツ航空のポーチ

日本発着便ではアイマスクや歯ブラシ、靴下などの入ったポーチをくれました。Emiratesのロゴが入っているので、ありがたく記念にいただきました。

後から旅行の際などに使えそうなものが多くて嬉しいです。ポーチ本体もオシャレで何かと便利です。色々な柄があるので集めてみたいですね。

 

ドバイ国際空港に到着

ドバイ国際空港

日本から11時間以上かけて「ドバイ国際空港」に到着。日本からの便が発着するターミナル3は2008年に開業した比較的新しい建物です。

 

ドバイに到着したのは夜明け前でしたが、空港はたくさんの人で賑わっていました。この時間に到着する便も多いみたいです。免税店もほとんど開いていました。

 

ドバイ国際空港のスターバックス

出発ロビーには「スターバックス」や、最近日本でも見かけるフランスの有名なパン屋さん「ポール」もあります。

 

ドバイ国際空港のポール

ちなみに、ドバイ国際空港は2014年に国際線の旅客数が世界1位になったそうです。

 

エミレーツ航空の個人的評価

★★★★★★★★☆☆☆ 7/10

機体やサービスなど、どれをとっても平均かそれ以上と言えるでしょう。しかし前評判が高過ぎて、期待を超えられず。

エアバスA380も見た目の迫力は感動したものの、座席や機内食などは他の航空会社と比べて特にすごい訳ではなかったので、この評価です。

良かった点はWi-Fiが20MBまで無料で使えることと、機内でもらえるグッズが便利だったことですね。

 

エミレーツ航空の空席・料金は<JTBのホームページ>で検索できます!

 

次回からは出張先のエジプトのホテルをご紹介しようと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です