旅行グッズ

旅行で役立つ洗濯グッズ10選。長期の旅行や出張も安心!

長期の旅行や出張に行く際に困るのが「洗濯」。1週間以上にもなると日数分の着替えや下着を持って行くのは大変です。

かと言ってホテルにクリーニンングを頼むほどでもないし、海外のホテルに預けるのは心配。そんな時にホテルの部屋でささっと自分で洗濯ができたら便利ですよね。

今回は、旅行中の洗濯に役立つ便利グッズを紹介します!

旅行中の洗濯方法

旅行中に服が足りなくなって自分で洗濯したり、はじめから途中で選択することを前提に持って行く服を選ぶこともあるかもしれません。

旅行先のホテルで自分で洗濯をする際は、洗濯物が少なければ洗面台にお湯を張って手洗いしていきます。洗面器があれば洗面台の代わりに利用しても良いでしょう。

強くこすり洗いをしてしまうと洗濯物 (特に下着など) が傷んでしまうので、汚れが気になる部分だけ軽くこすり洗いする程度で大丈夫です。

洗濯物が多い場合はウォッシュバッグに水と洗剤、洗濯物を入れて口を閉じ、袋全体を揉むようにして洗います。

この時、普通のビニール袋の口をガムテープで閉じて使用する人もいるようですが、袋が破れたり口が開いてしまったりして大惨事になる可能性があるので、必ず後述するような専用のものを使用しましょう。

いずれの場合も洗濯が終わったら、1度水を捨て、キレイな水で洗濯物をすすぎます。

すすいだ水を切ったら、浴室に干しておきます。できるだけ早く乾かしたい場合は、速乾タオルなどで水気を吸ってから干すと、より短時間で乾かすことができます。

力強く絞ったりすると衣類を傷めてしまうので注意しましょう。

 

洗う

 

超音波ウォッシャー

ソースのシミなどピンポイントの汚れを落とすのにオススメなのが『超音波ウォッシャー』です。

毎秒数万回の超音波振動によって汚れを落としてくれます。また、こすり洗いのように衣類を傷めることもありません。

サイズは15cm程度とコンパクト、重さも約100gと軽量なので、カバンやスーツケースに入れておいても邪魔になりません。

使い方は簡単、洗面台などに水を張って衣類を浸け、超音波ウォッシャーで汚れた部分をなぞり、汚れが落ちたら水ですすぐだけ。

ACアダプターの他、USBでも充電が可能。値段は約4,500円です。

 

 

洗濯用洗剤 (小袋)

旅行中の洗濯に欠かせないのが、『小分けになった洗濯用洗剤』です。

洗濯1回分の洗剤が小袋に入ったものをいくつか持っておけば、急に洗濯が必要になった時に困らなくて済むでしょう。

水洗いでは落ちないようなシミや汚れも洗濯用洗剤があれば簡単に落とせます。コインランドリーを使う時にも便利です。

10g程度に小分けになっているので、全く荷物にはなりません。

 

 

折りたたみ洗面器

洗面台がない、または洗面台が小さいホテルで洗濯をする際に使えるのが『折りたたみ洗面器』です。

直径25cmほどの大きさに、約2.5リットルのお湯を溜められます。下着や靴下くらいであれば、この中で洗濯できるでしょう。

つけ洗いをしたい時にも洗面台を使えなくなってしまうことがないので便利です。

普段は円盤のように平たく折りたためるので、スーツケースの空いたスペースに差し込んで置くことができます。

 

 

ウォッシュバッグ

もう少したくさんの衣類を洗濯したいという方には旅行用の『ウォッシュバッグ』がおすすめです。

ウォッシュバッグなら1回で3〜4リットルの洗濯ができます。小さく折りたたんで持ち運ぶことができ、重さはわずか145g。

使い方は簡単。ウォッシュバッグに水と洗濯物、洗剤を入れ、ストラップを閉じ、空気を抜きます。バッグを揉むようにこすり洗いします (30秒〜3分)。水を抜いてキレイな水ですすぎます。

バッグの裏側に凹凸が付いている為、これが洗濯板のような役割をすることで衣類の汚れを落とすことができます。

 

 

洗濯ネット

ニットや下着などデリケートなものを洗う時に便利なのが『洗濯ネット』です。

大小色々なサイズの洗濯ネットがセットになったものであれば、衣類の種類によって使い分けることができます。

また、洗濯ネットは旅行中に洗濯をしなくても、使った衣類を分けて入れておく袋としても使うことができます。

着た後の洋服や下着を洗濯ネットに入れて家に持って帰ってくれば、そのまま洗濯機に入れて洗うことができるので楽ですよ!

 

 

干す/乾かす

 

折りたたみハンガー

ホテルの部屋で洗濯物を押す時に便利なのが『折りたたみハンガー』です。

バスルームのカーテンレールに衣類かけたり、窓やエアコンの近くに持参したロープを張って洗濯物をかけることができます。

適当に干してしまうとクシャクシャになりがちなシャツなどもシワにならずに済むので、再び着る時にもキレイな状態を保つことができます。

普段は小さく折りたたむことができ、持ち運びに便利です。洗濯ばさみがついたタイプであれば靴下や下着を干すのにも便利です。

 

 

折りたたみ物干し

靴下や下着、ハンカチなどをまとめて干す時には『折りたたみ物干し』(ピンチハンガー) が便利です。

ホテルのバスルームなど小さいスペースでもたくさんの洗濯物を干すことができます

小型のものであればそれほど大きくないので、折りたたんでスーツケースに入れておくことも十分可能です。

 

 

物干しロープ

ハンガーを架ける場所がないようなホテルでも『物干しロープ』を利用すれば洗濯物を干すことができます。

ロープの端を柱などに巻きつけてフックで固定すれば、即席の物干しが完成します

クリップ (洗濯ばさみ) がついているものであれば直接洗濯物を干すことができますし、前述のハンガーや物干しを引っ掛けて使うことができます。

 

 

セームタオル (速乾タオル)

洗濯物をできるだけ素早く乾かしたい時は『セームタオル (速乾タオル)』が役立ちます。

セームタオル (速乾タオル) は吸水性に優れたタオルで、水分を素早く吸い取ってくれます

その為、洗った後の洗濯物をタオルに挟んで上から押すと、かなりの水分を吸収してくれます。その為、厚手の衣類でも普通に干すよりは随分と早く乾かすことができるでしょう。

1度水を吸った後は手で絞ればまた同じように吸水性が復活します。もちろん、洗濯以外でも体を拭いたりする際に活躍してくれます。

 

 

アイロンがけ

 

ミニアイロン

洗濯したシャツのシワを伸ばしたい時に便利なのが『ミニアイロン』です。

小さいものでシャツ全体にアイロンをかけようと思うと少し大変かもしれませんが、襟や袖などのシワが気になるところだけなら簡単にアイロンがけが出来ます

100〜240Vに対応しているものであれば、海外旅行に持っていく際にも便利です。下記の製品なら重さは500g以下で、少ないスペースにも収まります。

 

 

まとめ

これらのグッズがあれば旅行先での選択が簡単に出来そうですね。

これらを全部持っていく必要はないと思いますが、いくつかスーツケースに入れておくだけでもきっと役に立つでしょう。

優先したいのは小分けになった洗剤ハンガーまたは物干しあたりでしょうか。個人的には超音波ウォッシャーもオススメです。

今後、長期の旅行や出張に行く方や、旅行に持って行く洋服を減らしたい方はぜひ試してみてください!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です