ギリシャ

ギリシャ基本情報。時差、気温、チップの習慣など

ギリシャ旅行記の最後に、旅行に役立つギリシャの基本情報をまとめておきます。

気温やチップの習慣、Wi-Fi事情など、ギリシャに行く前に必ず知っておきたい情報ですので、これからギリシャへ行く方の参考になれば幸いです。

時差

日本からの時差は−7時間

日本が夜7時の時、ギリシャは昼の12時。

夏はサマータイムが導入され、時差が−6時間になります。2018年のサマータイムは3月25日から10月28日まで。その年によって異なります。

 

気候

気温は東京と同じか少し高いくらい。日本と同じく四季があります。

春:温暖で過ごしやすい日が続きます。
夏:30℃を超える暑い日が続きます。
秋:春と同じく過ごしやすい気温。
冬:日本よりやや暖かい程度。

5〜9月はほとんど雨は降らず、反対に冬は比較的多くなります。

僕がギリシャに行った6月は、暑すぎない程度に暖かく、エーゲ海の雰囲気を味わうには絶好の時期でした。服装は薄手の長袖シャツくらいで丁度でした。

 

言語

ギリシャ語

英語で「It’s all Greek to me」=「さっぱり分からない」という表現があるくらい、ヨーロッパの言語の中でも特殊な言語です。

ヨーロッパの言語の中でもラテン語と並んで、最も古くから残っている言語の一つです。

文字は独自のアルファベットで、発音を推測するのは困難。英語と似たようなアルファベットもありますが、読み方が全然違ったりします。

アテネやサントリーニ島といった観光地のホテルやレストランではほとんど英語が通じます。タクシーの運転手さんも簡単な英語は話せました。

 

通貨

ユーロ(€)

1ユーロ≒153円(2018年1月現在)

主要通貨なので、どの両替所でも取り扱っていると思います。

クレジットカードは主要ブランド(Visa, Mastercard, American Expressなど)であればほとんどのお店やレストランで使えます。

ただし、ICチップが付いていないカード(昔のアメックスなど)は使えない場合がありますので、ご注意ください。

海外旅行に行く際は1〜2枚クレジットカードを持っていくことをお勧めします。海外旅行保険付きのものであればより安心です。

 

物価

アテネや観光地周辺の物価は高く、日本と同じくらいです。

値段自体は日本より安いのでしょうが、ギリシャの消費税(VAT)が24%(2018年1月現在)と、世界の中でも高い方です。

地元の人が行くようなレストランやスーパーは日本よりも少し安い場合が多いです。お土産とかもスーパーで買えるものは、スーパーで買うことをお勧めします。

 

チップ

ギリシャにはチップの習慣があります

支払い時に代金の5〜10%を渡します。レストランでは会計後にチップをテーブルに置いて帰ればOK。ファストフード店ではチップ不要です。

私が海外に行く時は、チップによく使う小銭(ユーロなら1ユーロコイン)を極力手元にとっておきます。ホテルのポーターさんとかにもサッと渡せるように、常にポケットに入れています。

 

ビザ

90日以内の観光の場合、ビザは不要です。

パスポートの有効期限が3ヶ月+滞在日数以上あること、余白が2ページ以上あることを確認しておきましょう。

 

治安

ギリシャの治安はヨーロッパの中では比較的いい方だと言われています。しかし、アテネなどの観光地ではスリやひったくりなどの軽犯罪に注意が必要です。

地下鉄や人が多い場所では荷物に十分に注意して下さい。ファスナーの付いた肩掛け式のバッグまたはリュックサックが手もふさがらないのでオススメです。

 

コンセント/電圧

コンセントの形はCタイプ

丸い差し込み口が2つ並んでいる形です。

C型への変換プラグもありますが、これから色んな国に行く可能性がある方は様々な国に対応できる変換プラグがお勧めです。僕もどの国へ行く時も持っていきます。

 

電圧は220V。日本は100Vですが、最近の電化製品は100V-240Vに対応しているものが多いので、表示を確認してみて下さい。

携帯やパソコンなどは大体対応していると思いますが、ドライヤーなどモーターの回転数に影響を受ける機器は対応していない場合が多いです。

220Vに対応していない製品を持っていく場合は、変圧器が必要になります

 

ギリシャの水道水は飲めなくはないですが、硬水なので、ミネラルウォーターを買って飲むことをお勧めします。

 

電話

■日本からギリシャへかける場合
ギリシャの国番号は「30」です。

[固定電話から]
001-010-30-相手の電話番号※

※相手の電話番号が0から始まる場合は
0を省略して発信

最初の001はKDDIの場合。
NTTを使用する場合は0033。

[携帯・スマートフォンから]
+30-相手の電話番号※

※相手の電話番号が0から始まる場合は
0を省略して発信

「+」の表示方法は機種によって異なり
ますが、スマホの場合は「0」長押しの
場合が多いです。

■ギリシャから日本にかける場合
00-81-相手の電話番号(最初の0は省略)

 

Wi-Fi

空港や多くのホテルではWi-Fiが使えます。

街ではあまりWi-Fiスポットを見た覚えはないので、街を歩きながらスマホで地図を見たい場合などは、定額制のWi-Fiルーターをレンタルしていくと良いと思います。携帯会社の海外パケ放題よりも割安です。

 

次回はギリシャへのフライトにも利用した「エティハド航空」の登場記です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です