旅行グッズ

TSAロックとは?使い方やおすすめの対応スーツケースを紹介!

TSAロック

今回は、スーツケースの『TSAロック』について。特にハワイやグアムを含むアメリカ合衆国へ旅行する人には絶対必要なのがこのTSAロックです。

この記事では、TSAロックとは何なのか?その使い方やオススメのTSAロック対応スーツケースをご紹介します。

TSAロックとは?

「TSAロック (TSA Lock)」とは、アメリカ合衆国国土安全保障省の運輸保安庁 (Transportation Security Administration) から認可を受けた特殊な鍵のことです。

アメリカ合衆国(ハワイやグアムなども含む)では、飛行機に預ける荷物や機内に持ち込む荷物はX線検査に加えて、検査員が荷物を開けて直接目視で検査を行うことがあります。

この際、スーツケースに鍵がかかっていると、検査員が鍵を破壊して荷物を開けることが認められています。破壊されたスーツケースは二度と使えなくなります。

しかしTSAロックは旅行者が鍵をかけていても、検査員が持つマスターキーによって解錠することができる為、スーツケースを預ける前に鍵をかけても良いことになっています。

TSAロックが付いていないスーツケースは、中身を盗まれる危険性を犯して鍵をかけずに預けるか、鍵を壊される危険性を承知で鍵をかけるか、のいずれかになってしまいます。

※TSAロックが付いているにも関わらず鍵が壊されるというケースもまれにあるそうですが…。

これからスーツケースの購入を検討している人は、今すぐアメリカに行かないとしてもTSAロック付きのスーツケースを選ぶことをオススメします

 

TSAロック(Travel Sentry社のマーク)

TSAロックは赤い菱形マークの付いた「Travel Sentry社」製のものが一般的で、このマークの有無がTSAロックが付いているかを判断する目印になります。

日本ではほとんど見たことがありませんが、Safe Skies社製のTSAロックもあり、こちらは赤い松明のマークが付いています。

 

TSAロックの使い方

TSAロックのかけ方には大きく分けて2つあります。

・キーロック式
・ダイアル式

ここからは、キーロック式とダイアル式のTSAロックの使い方を説明していきます。詳細な使い方はスーツケースによって異なりますので、付属の説明書をご参照ください。

キーロック式

TSAロック(キーロック式)

フレーム式のハードケースタイプのスーツケースに多いのが「キーロック式」です。スーツケースとは別に付いている鍵を使って、施錠します。

写真のような鍵がスーツケースの側面に2つ付いている場合が多いです。鍵穴に鍵を入れて、OPENと書かれた黒い丸に対して鍵が縦に向くように回すと解錠できます

鍵を使って解錠した後、左側にある黒いボタンを横から押してレバーを上げるとスーツケースが開きます。

鍵を閉める時は、スーツケースを占めてレバーを下げます。この時荷物が挟まっていてスーツケースが完全に閉まっていないと、鍵がかからない場合があるので注意してください。

レバーを下げた後、鍵穴に鍵を入れて、OPENの黒丸に対して横方向になるように鍵を回すと施錠できます。黒いボタンを押しても鍵が開かないことを確認しましょう。

キーロック式は鍵をなくすとスーツケースを開けられなくなりますので、注意してください。

 

ダイアル式

TSAロック(ダイアル式)

ファスナータイプのスーツケースに多いのが「ダイアルロック式」です。

解錠するには、ダイアル式の番号を回し、あらかじめ設定した数字に合わせます。全てのダイアルを合わせら、ボタンを横に引くと、ファスナーのロックが解除されます。

※鍵穴がありますが、これは空港の検査員が解錠する際にマスターキーを入れる穴なので、持ち主は使用しません。

施錠する際は、ファスナーを閉めて、ダイアルを合わせた状態でロックの溝にカチッと音がするまで押し込みます。ファスナーをセットしたらダイアルをランダムに回します。

ファスナーをセットした後、ダイアルをそのままにしておくとボタンを引いただけで誰にでも開けられてしまうので、忘れずにダイアルはランダムな数字に変更しておいてください。

ダイアル式の番号は自分の好きな数字に変更できます。他人に推測されにくい数字に変更しておいてください (「0-0-0」などは絶対にNG)。数字の変更方法は各製品の説明書をご覧ください。

ダイアルロック式は設定した数字を忘れると鍵が開けられなくなるので注意してください。

 

TSAロック対応スーツケース

これからスーツケースを購入する方は、すぐにアメリカへ行く予定がなくても『TSAロック』が付いたスーツケースを選んでおくべきです。

どれを選んで良いか分からない、という人の為におすすめのスーツケースを紹介していきます!

プロテカ(PROTECA) エアロフレックス ライト

「プロテカ (PROTECA)」は高い信頼度を誇る日本製スーツケースのブランドです。後で紹介する「エース(ace.)」と同じエース株式会社のハイクラスブランドです。

僕も長年プロテカのスーツケースを愛用していますが、本当に丈夫です。スーツケースは持ち手やキャスター部分から壊れることが多いですが、長年使用していても一切不具合はありません。

そんなプロテカ史上最軽量となるハードタイプのスーツケース「エアロフレックス ライト」。プロテカ自慢の丈夫さに加えて、軽さを兼ね備えたスーツケースです。

独自開発の新素材「ウルトラストリング」の採用により、37Lタイプで1.7kgという軽さを実現しました。荷物が多くなりがちな海外旅行の際にも、旅行者の負荷を軽減してくれるでしょう。

 

エース(ace.) コーナーストーンZ

「エース (ace.)」は、プロテカと同じく1940年に創業した「エース株式会社」(当時は「新川商店」)のブランドです。

日本製ならでは安心感はそのままに、プロテカよりもリーズナブルで手に入りやすいのが魅力。

このエースもプロテカと同様、僕が愛用しているブランドです。

「コーナストーンZ」は低価格ながら高級感のある見た目と、機能性を備えたハードタイプのスーツケースです。

耐衝撃性に優れたポリカーボネート樹脂を採用。表面は傷が目立ちにくいシボ加工になっています。

外観・内装共に飽きの来ないシンプルなデザインなので、長く使えるスーツケースになると思います。

 

アメリカンツーリスター (American Tourister) サウンドボックス

「アメリカンツーリスター (American Tourister)」は1933年にアメリカで創業した旅行かばんメーカーです。

2018年にはサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドを広告に起用したことでも注目されました。アメリカ以外でも人気が高まっており、最近、日本でもユーザーが増えています。

アメリカンツーリスターのスーツケース「サウンドボックス」は、同社の特徴である鮮やかなカラーバリエーションが魅力で、黄色やピンク、水色など、旅行が楽しくなりそうな色が揃っています。

また、荷物の量に応じてスーツケースを拡張できるエキスパンダブル仕様になっており、ファスナーを開けるだけで幅が数cmアップします!旅行先で荷物が増えた時にも安心ですね。

 

サムソナイト (Samsonite) ビーライト

「サムソナイト (Samsonite)」は、世界No.1のシェアを誇る旅行かばんメーカーです。その優れたクオリティは、ビジネスマンをはじめとした世界中の旅行者に支持されています。

「ビーライト」は、サムソナイトのスーツケースの中でも長年にわたって愛されているシリーズ。飽きの来ないシンプルなデザインは、ビジネスシーンにも最適です。

ファスナーひとつで容量を拡張できるエキスパンダブル仕様、安定性に優れたダブルホイール、すぐに取り出したい荷物の収納に便利なフロント&サイドポケットなど、嬉しい機能が満載。

 

リモワ (Rimowa) エッセンシャル

「リモワ (Rimowa)」は1898年に創業した120年の歴史を持つドイツの老舗ブランドです。

リモワのスーツケースはやや値段は高額ながら、その高い品質には定評があり、さらに5年保証に加入できる為、出張などで頻繁に利用する人にオススメです。

「エッセンシャル」は、現在では主流となっているポリカーボネート樹脂を世界で初めて採用したモデルで、高い耐久性と軽さを実現しています。

リモワのスーツケースはハイステータスなビジネスマンやセレブにも圧倒的な支持を得ています。持っていれば、空港でも他の旅行者から一目置かれるでしょう。

 

後付けできるTSAロック

今持っているスーツケースにTSAロックが付いていない!という方もいると思います。TSAロックの為にわざわざスーツケースを購入し直すのはお金がかかりますよね?

そんな場合でも、少しの費用で今持っているスーツケースにTSAロックを付ける方法があります

南京錠タイプ

ファスナータイプのスーツケースなら、南京錠タイプのTSAロックを付けるという方法があります。

2つあるファスナーに南京錠を通してロックをかければ、簡単にTSAロック対応のスーツケースになります。値段も1,000円以下で購入できます。

南京錠タイプのTSAロックはスーツケース以外にもバックパックやリュックサックなど、2つのファスナーで閉じるタイプのカバンであれば付けることができます。

 

ベルトタイプ

キーロック式のスーツケースや、ハードタイプのスーツケースにオススメなのが、ベルトタイプのTSAロックです。1,000円〜2,000円程度で購入できます。

スーツケースが開いてしまった時に荷物が飛び出さないようにするスーツケースベルトを、TSAロック付きのものに変えるだけでTSAロックに対応させることができます。

この時にスーツケース本体の鍵をかけてしまうと、結局そちらの鍵を壊されてしまう恐れがあるので、スーツケースの鍵はかけないように注意してください。

 

スーツケースはレンタルもお得!

たまにしか海外旅行に行かない、という方はTSAロック対応のスーツケースを購入するよりレンタルした方がお得な場合があります。

リモワなどの高級ブランドのスーツケースも、レンタルなら手頃な値段で借りることができるので、憧れのブラントにも手が届くかもしれません。

スーツケースのレンタルは、即日発送可能でブランドスーツケースの品揃えが豊富な【アールワイレンタル】 のホームページで申し込めます!

 

アメリカへ旅行する方も、そうでない方も、スーツケースを購入/レンタルする際は「TSAロック」対応のものを選びましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です