旅行グッズ

10万円以下の一眼レフカメラおすすめ6機種

今回はカメラ初心者にもオススメの「10万円以下」で買える一眼レフカメラをご紹介します。

一眼レフカメラを選ぶ際のポイントや、カメラと合わせて揃えておきたい関連グッズと合わせてご覧ください。

※この記事では便宜的にミラーレス一眼カメラを含めて「一眼レフカメラ」と表記しています。

こんな人にオススメ

「10万円以下で一眼レフデビューしたい」
「一眼レフカメラを選ぶ際のポイントを知りたい」
「安くて高性能な一眼レフカメラを探している」

カメラ選びのポイント

まずは一眼レフカメラを選ぶ際のポイントを説明します。あなたにピッタリのカメラを見つける為の参考にしてください。

大きさ・軽さ

一眼レフカメラを選ぶ上でまず重要になってくるのが、大きさと軽さです。

色々な場面に持ち運ぶことを考えると、小さくて軽い「ミラーレス一眼」というタイプがおすすめです。

一眼カメラには「一眼レフ」「ミラーレス一眼」という2種類があります。

ミラーレス一眼カメラは、従来の一眼レフカメラから光学式ファインダーとそれに関する構造を省いたカメラです。

これにより、ミラーレス一眼カメラは従来の一眼レフカメラよりも小型で軽いカメラが多いです。

ミラーレス一眼は光を反射 (レフレックス) するミラーがない為、正確には「一眼レフ」ではないのですが、この記事では便宜的に「一眼レフ」に含めています。

 

一方、デメリットはというと、「ほとんどありません」

光学式ファインダーはありませんが、代わりに電子ビューファインダーがついている (または外付けできる) 機種がほとんどです。

光学式ファインダーに慣れ親しんだ方にとっては、電子ビューファインダーが物足りなく感じるかもしれませんが、初めて一眼カメラを買う人は全く気にならないでしょう。

現在では各メーカーがミラーレス一眼カメラに力を入れており、製品のラインナップも一眼レフより充実しています

 

画質 (画素数)

カメラのスペック(仕様)でよく見るのが「◯◯画素」という数字。「画素数」と呼ばれるこの数字は写真の「きめ細かさ」を表す数字です。

上の写真は画素数が高いもの(左)と画素数が低いもの(右)の比較です。左の写真の方が細部まではっきりとしているのに対して、右の写真は少しぼんやりとした印象です。

もちろん画素数が高ければ高いほど繊細な写真が撮れるのですが、スマホやパソコンの画面で見るために超高画素のカメラは必要ありません

スマホで見るだけなら300万画素、パソコンでは1000万画素くらいあれば十分です。A3で印刷する場合も1600万画素あれば良いと思います。

カメラを選ぶときはこの「1600万画素以上」を基準に選ぶと良いでしょう。

 

センサーサイズ

カメラのセンサーサイズ

一眼レフカメラの主なセンサーサイズには以下の3つの種類があります。

  • フルサイズ
  • APS-C
  • マイクロフォーサーズ

センサーサイズが大きいほどたくさんの光を集めることができる為、暗い場所でも明るい写真が撮れたり、背景ボケが大きくなったりします (使用レンズによる差もあります)。

かと言って必ずしもセンサーサイズが大きい機種の方が良い写真が撮れるというわけではありません

メーカーによって写真の色合いやコントラストと言った特徴が異なるので、メーカーのホームページなどで実写のサンプルを確認してみてください。

また、APS-Cやマイクロフォーサーズの機種は、フルサイズの機種に比べて小さくて軽いものが多く、価格も比較的安い傾向があります。

>>マイクロフォーサーズが最高の旅カメラである6つの理由

 

交換レンズのラインナップ

一眼レフカメラは状況に応じてレンズを交換できるのが特徴です。

「レンズの品揃えや値段」はメーカーや対応機種によってが異なるので、カメラを選ぶ際にレンズのラインナップも確認しておくと良いでしょう。

もちろん、安くて高性能なレンズが幅広く揃うメーカーのカメラを選ぶのが理想的です。

おすすめのレンズについては下記の記事でご紹介していますので、参考にしてください。

>>参考記事:海外旅行に必要な一眼レフのレンズは2種類だけ!メーカー別おすすめレンズ

>>参考記事:海外旅行におすすめの万能ズームレンズ6本。この1本があれば十分!?

ミラーレス一眼では、以前から多くの製品を展開しているオリンパスなどが特にレンズのラインナップが充実しています。

 

その他のポイント

その他のあると便利な機能をご紹介します。全てが揃っている必要はありませんが、あなたの使い方に合わせて選んでください。

 

手ぶれ補正機能

撮影の際に手が動いてしまい写真がブレてしまうのを防いでくれる為、せっかく撮った写真が台無しになるのを防いでくれるのが「手ぶれ補正機能」です。

夜景など手ぶれが発生しやすい暗い場所での撮影にも効果を発揮してくれます。

特に初心者の方にはオススメの機能ですが、安価な機種には搭載されていない場合が多いです。

 

自撮り機能

一眼カメラを使って「自撮り」をしたいという人も多いはず。

カメラのモニターが180度回転できるタイプの機種なら、画面を見ながら自撮りができます。

 

防塵・防滴

旅行やアウトドアにカメラを持って行きたい人におすすめなのが「防塵・防滴機能」です。

ちょっとしたホコリや水滴がついてもカメラが壊れにくいので安心です。

 

Wi-Fi機能

「Wi-Fi」を使ってスマホやパソコンに写真を転送することが出来る機種もあります。

旅行先などで撮った写真をすぐにスマホからSNSにアップしたい場合や、友人に送信したい場合に便利です。

 

10万円以下で買えるおすすめ一眼レフカメラ

ここからは10万円以下で買えるオススメの一眼レフカメラをご紹介していきます。いずれも「レンズ付き」で10万円以下の機種なので、買ってすぐ使えます!

オリンパス OM-D EM-10 Mark III

まず最初にご紹介するのはクラシックカメラのようなオシャレな見た目が特徴の『オリンパス OM-D EM-10 Mark III』

オリンパス OM-D E-M10 Mark III
タイプミラーレス一眼
画素数1605万画素
センサーサイズマイクロフォーサーズ
重量(本体のみ)362g
手ブレ補正◎ (5軸手ブレ補正)
自撮り機能×
防滴・防塵機能
Wi-Fi
参考価格¥64,800
(ダブルズームキット)

オリンパスは以前からマイクロフォーサーズというセンサーサイズのミラーレス一眼に力を入れているので、他メーカーと比べてレンズの種類が豊富なのが大きな魅力です。

この機種は安価ながら高性能の手ぶれ補正機能が付いているので、カメラ初心者の方でも失敗するリスクが低くなります。

さらに防塵・防滴機能も付いているので、旅行やアウトドアにどんどん持ち出して使いたい方にオススメです!

 

SONY α5100

続いてご紹介するのは『SONY α5100』。SONYはフルサイズとAPS-Cのミラーレス一眼を展開していますが、こちらはAPS-Cの機種です。

SONY α5100
タイプミラーレス一眼
画素数2430万画素
センサーサイズAPS-C
重量(本体のみ)224g
手ブレ補正×
自撮り機能
防滴・防塵機能×
Wi-Fi
参考価格¥60,200
(ダブルズームキット)

APS-C機はフルサイズの機種よりも小型・軽量で、交換レンズを含めて安く購入できるので(SONYのフルサイズ一眼はレンズが高価)、これから一眼レフをはじめる人におすすめです。

本体重量がわずか224gと軽いので、持ち運びにも非常に便利な機種と言えます。画素数は2430万画素と、エントリーモデルにしてはなかなか高画素です。

α5100は現行モデルである「α6100」の旧モデルですが、十分な機能を備えています。今なら値段がずいぶん下がってきているので、狙い目だと思います。

 

富士フイルム X-T20

続いては『富士フイルム X-T20』です。富士フイルムのカメラおよびレンズは、その独自の優れた表現力で多くのファンに愛されています。

富士フイルム X-T20
タイプミラーレス一眼
画素数2430万画素
センサーサイズAPS-C
重量(本体のみ)333g
手ブレ補正×
自撮り機能×
防滴・防塵機能×
Wi-Fi
参考価格¥84,000
(レンズキット)

インスタグラムなどでこの人の写真いいな、と思うと富士フイルムのカメラを使っていたなんてこともよくあります (メーカーサイト等で実写サンプルを確認すると良いかも)。

『X-T20』は大人気モデル「X-T2」の下位機種にあたるカメラで、富士フイルムの優れた表現力を比較的リーズナブルな価格で手に入れることができます。

手ブレ補正や自撮り機能などは付いていませんが、富士フイルムの写りを試してみたい!という方は、このモデルからはじめてみるのが良いと思います!

 

Canon EOS Kiss M

『Canon EOS Kiss M』はCanonの大人気の一眼カメラであるKissシリーズで初めてミラーレス一眼として登場したモデルです。

Canon EOS Kiss M
タイプミラーレス一眼
画素数2410万画素
センサーサイズAPS-C
重量(本体のみ)354g
手ブレ補正×
自撮り機能
防滴・防塵機能×
Wi-Fi
参考価格¥86,625
(ダブルズームキット)

ミラーレスになったことで、従来のKissシリーズのモデルよりも軽く扱いやすい機種になっています。

初めて一眼カメラを使う方でも使いやすいシンプルな操作方法になっており、撮影アシスト機能も充実しているので、一眼レフ初心者の方にぜひオススメしたい機種です。

Canonのミラーレス機用レンズはまだまだ拡充途中ですが、これから幅広いラインナップが揃ってくると予想されます。

 

オリンパス PEN E-PL9

『オリンパス PEN E-PL9』はコンパクトながら手ブレ補正や自撮り機能、Wi-Fiなどたくさんの機能が詰まった良いトコ取りのカメラと言えます。

オリンパス PEN E-PL9
タイプミラーレス一眼
画素数1605画素
センサーサイズマイクロフォーサーズ
重量(本体のみ)332g
手ブレ補正
自撮り機能
防滴・防塵機能×
Wi-Fi
参考価格¥62,368
(ダブルズームキット)

旅先で友人と一緒に写真を撮ってSNSにアップしたい!という人には特におすすめです。

前述のOM-Dと同様、オリンパスの豊富なレンズ群を駆使してハイクオリティな写真が撮れること間違いなし。

現行モデルの「E-PL10」の旧モデルになりますが、機能や画質に大きな差はありませんので、値段が安くなっているE-PL9でも十分活躍してくれるはずです。

 

パナソニック LUMIX DC-GF10W

最後にご紹介するのは『パナソニック LUMIX DC-GF10W』です。

パナソニック LUMIX DC-GF10W
タイプミラーレス一眼
画素数1600万画素
センサーサイズマイクロフォーサーズ
重量(本体のみ)240g
手ブレ補正×
自撮り機能
防滴・防塵機能×
Wi-Fi
参考価格¥62,280
(ダブルレンズキット)

重さわずか240gというコンパクトなボディで持ち運びに便利な機種です。オシャレで上品な見た目もいいですね。

簡単に自撮りができるように設計されているので、自撮り機能を重視する人におすすめです。Wi-Fiにも対応しているので、スマホに転送してSNSにアップするのも楽です。

パナソニックはオリンパスと同じマイクロフォーサーズ規格を採用しており、パナソニックだけでなく、充実したオリンパスのレンズを使えるのも大きな魅力。

 

中古や型落ちの購入はアリ?

結論から言うと、中古や型落ちの一眼カメラを購入するのは断然アリです!(型落ち:最新モデルではないもの)

中古でも状態が良いものが多いことと、最新モデルではなくても十分な機能が備わっている場合が多いこと、そして何よりお得に購入できることが理由です。

 

中古のカメラを買う場合はメルカリやヤフオクのような個人で売買する方法よりも、「カメラのキタムラ」など、信頼できる人が状態を判断した製品を買うことをオススメします。

良品だと思って購入したのに不具合があった、というようなトラブルを避ける為です。

 

型落ちの場合は、だいたい過去5年以内に発売された製品であれば、現行モデルとあまり変わらない機能を備えている場合が多いです。

あまり古すぎると機能が不十分だったり、写真のクオリティが低かったりするので、注意が必要です。

 

カメラと合わせて購入しておきたいグッズ

初めて一眼レフカメラを購入する方の為に、一緒に購入すると便利なグッズをいくつか紹介しておきます。カメラと合わせて是非ご検討ください!

SDカード

たくさん写真を撮ろうと思うと、大容量のSDカードがあると安心です。特に一眼レフカメラは画質が高い分、データ容量も大きくなります。

SDカードが一杯になってしまっても大丈夫なように、もう1枚予備のSDカードを持っておいても良いと思います。

 

三脚

三脚は夜景や星空、暗い場所などでの撮影に必須です。

暗い場所ではシャッタースピードが遅くなる為、手ブレの影響を受けやすくなります。そんな時に三脚があれば、手ブレすることなくシャッターを切ることができ、美しい夜景を撮ることができます。

伸縮式で小さく折りたためるタイプの三脚が便利です。あまりにも安いものだと強度が低かったりするのでご注意を。

 

予備のバッテリー

旅行などに行く際には1日にたくさんの写真を撮ります。夢中で写真を撮っている間にバッテリー切れということのないように、予備のバッテリーを持っておくと良いでしょう

バッテリーはメーカー・機種ごとに異なるので、カメラに合ったバッテリーを用意してください。

 

カメラ&レンズケース

カメラやレンズをそのままバッグに入れて持ち歩くと、傷がついてしまう恐れがあります。専用のケースに入れて持ち運べば衝撃から守ってくれます

 

同じカテゴリの記事:「カメラ・写真」のカテゴリ