マイレージ

デルタ航空のシルバーメダリオン会員資格を取得!その特典は?

先日、デルタ航空からメールが届きました。「シルバーメダリオン会員資格を取得されました」とのこと。

シルバーメダリオン会員というのは、デルタ航空のマイレージプログラム「スカイマイル」の上級会員のこと。

今回はシルバーメダリオン会員資格に必要な条件、そしてシルバーメダリオン会員資格の特典を見ていきましょう。

さらに上位の「ゴールドメダリオン」については下記の記事をご覧ください。

>>デルタ航空ゴールドメダリオンの条件と特典!シルバーとの違い

デルタ航空とスカイマイルについて

デルタ航空」は、アメリカのアトランタに本拠地を置く1929年に就航開始した航空会社です。

2008年に全米5位のノースウエスト航空と合併し、当時世界最大の航空会社となりました。

19の航空会社から成る航空会社連盟「スカイチーム」のメンバーで、その中心的存在となっています。

デルタ航空のマイレージプログラムである「スカイマイル」は、誰でも無料で加入でき、デルタ航空だけでなくスカイチーム加盟航空会社をはじめとした多くの提携会社のフライトでマイルが貯められるサービスです。

2011年からマイルの期限が完全に撤廃されたことでも話題となりました。

>>参考記事:スカイチーム系マイレージならデルタ航空の『スカイマイル』がおすすめ

 

シルバーメダリオン会員資格の取得に必要な条件

まずは、シルバーメダリオンの会員資格に必要な条件を見ていきましょう。

シルバー会員になるためには、「MQM」と呼ばれる飛行距離に応じて付与されるポイント(マイルとは少し異なります)、または「MQS」というフライトの利用回数のいずれかの条件をクリアする必要があります。

シルバーメダリオン会員になるには25,000MQM、または30MQSが必要です。

同じ飛行距離でも料金クラスによって付与されるMQMは異なるそうなので、どれくらい乗れば25,000MQMを獲得できるか断言はできませんが、僕の場合、アメリカとヨーロッパを1往復ずつ、計8区間のフライトで25,997MQMになりました。

MQSは単純にフライト数なので、30回以上のフライトでシルバーメダリオン会員資格を取得できます。

MQMとMQSは、デルタ航空の利用に加えて、提携航空会社の利用でも貯まります

僕の場会もデルタ航空と、同じくスカイチームに加盟しているエールフランスの利用の合計でシルバーメダリオンの会員資格である25,000MQMを達成しました。

 

年に1〜2回しか海外に行かない人にとってはシルバーメダリオン資格を取得するのはなかなか大変です。

しかし、フライトを1度も利用せずともシルバーメダリオンよりさらに上位資格の「ゴールドメダリオン会員」になれる裏技があります。詳しくは下記の記事をご覧ください。

>>参考記事:1度も飛行機に乗らずにデルタ航空のゴールドメダリオン会員になる方法!

 

今すぐシルバーメダリオン会員になる方法

もうひとつ、フライトを1度も利用せずともシルバーメダリオン会員資格を取得する方法があります。

それは、提携カードのデルタ・アメリカンエキスプレスカードに申し込む方法です。

デルタ・アメリカン・エキスプレス・カードに入会した初年度は無条件で「シルバーメダリオン会員資格」が得られ、2年目以降は年間100万円以上の利用で会員資格が得られます。

さらに、デルタ・スカイマイル・アメリカンエキスプレス・ゴールドカードに申し込むと、もうワンランク上の「ゴールドメダリオン会員」になることができます。

こちらは初年度は無条件で、2年目以降は年間150万円以上の利用でゴールドメダリオン会員資格が得られます。

 

シルバーメダリオン会員の特典

それでは、シルバーメダリオン会員資格を取得するとどんなメリットがあるのか、見ていきましょう。

無償アップグレード

まずは、無償アップグレード。とっても魅力的な響きですね。

 

デルタ航空のクラス

アップグレードについて説明する前に、デルタ航空の搭乗クラスについて説明します。エコノミー、ビジネス、ファーストクラスといった区分が一般的な、他の航空会社とはちょっと違うんです。

1. メイン・キャビン/ベーシック・エコノミー

メイン・キャビンは一般的な航空会社でいうエコノミークラスです。ベーシック・エコノミーは格安チケットに適用されるクラスで、座席はメイン・キャビンと同じですが、座席選択などに制限があります。

2. デルタ・コンフォートプラス

いわゆるプレミアム・エコノミークラスです。メイン・キャビンよりも最大4インチ(約10cm)広い足元、専用荷物収納棚などが用意されています。

3. ファーストクラス

ファーストクラスという名前ですが、一般的な航空会社でいうビジネスクラスに当たります。

メインキャビンに比べて最大8インチ(約20cm)広い足元、特別な食事、11インチのモニター(メインキャビンは8インチ)、優先チェックインや優先搭乗が受けられるスカイ・プライオリティなどのサービスが受けられます。

4. デルタ・プレミアムセレクト

一部の国際線で設定されている搭乗クラスで、前述のファーストクラスと次に紹介するデルタ・ワンの間に設定されています。

5. デルタ・ワン

デルタ航空では最上級の搭乗クラスで、一般的な航空会社のファーストクラスに当たります。

180度リクライニングできるフラットシートに、Westin Heavenlyの寝具、シェフ監修の食事に厳選ワイン、TUMIのアメニティ、15.4インチの大きなモニターなど、贅沢が揃ったクラスです。

 

無償アップグレードの条件

ベーシック・エコノミー以外のすべての搭乗クラスで、アップグレードに申し込めます

アップグレードできる先は、「デルタ・コンフォートプラス」「ファーストクラス」「デルタ・ワン(米国50州内のみ)」です。

上位クラスに空席があればアップグレードできますが、メダリオンのクラスによって優先度が異なります。

プラチナおよびダイヤモンドメダリオン(5日前確定)→ゴールドメダリオン(3日前確定)→シルバーメダリオン(1日前確定)となるので、先に席が埋まってしまうと、アップグレードは受けられません。

 

アップグレード対象はシルバーメダリオン会員本人だけでなく、同伴者1名も対象になります (スカイマイル会員または提携航空会社のエリート会員の場合)。

 

なお、デルタ航空のgメダリオン会員は、デルタ航空と提携するメキシコのアエロメヒコ航空でもアップグレードを受けることができます

ただし、対象はメキシコ国内便とメキシコと近隣国を結ぶ近距離国際線に限ります。

 

優先チェックイン/優先搭乗

シルバーメダリオン会員は、優先チェックインや優先搭乗が受けられます。ただし、スカイチームの優先サービス「スカイ・プライオリティ」が利用できるわけではありません。

また、シルバーメダリオン会員は保安検査を優先的に受けられるCLEAR会員の資格を年79ドルで購入できます(通常179ドル)。

 

プリファードシート

前に人がいない前方のシートや、非常口横のシート(前後が若干広い)などを選択できます。

 

受託手荷物手数料免除

受託手荷物手数料が無料になります。最初見た時、受託手荷物ってもともと無料じゃないの?と思いました。

日本とアメリカを結ぶ路線の場合、受託手荷物は2個まで無料ですが、アメリカ国内線などはそうじゃないようで、国内線のメイン・キャビンの場合、1個目が30ドル、2個目は40ドルの手数料がかかります。

これが無料になるということですね。

 

上級会員資格取得に必要なマイルの繰越し

先に説明した上級会員取得に必要なマイル「MQM」を次年度に繰り越せるようになります。

例えば、2018年に40,000MQMを獲得したとします。シルバー会員資格取得に必要なMQMは25,000で達成していますが、ゴールド会員取得に必要なMQMは50,000MQMで未達成となります。

この場合、2019年はシルバー会員になり、手持ちの40,000MQMからシルバー会員資格取得に必要な25,000MQMを引いた15,000MQMが次年度に繰り越されます。

翌年度シルバー会員資格を満たすには残りの10,000MQM、ゴールド会員資格を満たすには残りの35,000MQMを貯めれば良いことになります。上位資格を目指す人にとっては嬉しい仕組みですね。

 

優先キャンセル待ち

予約した際に希望の搭乗クラスに空きがない場合、優先的にキャンセル待ちができます。

 

優先電話対応

スカイマイル担当者に電話する場合、一般のスカイマイル会員よりも優先的に電話対応してくれます。

 

シルバーメダリオンのオリジナルタグ

デルタ航空シルバーメダリオンの荷物タグ

シルバーメダリオン会員資格を取得してしばらくすると、デルタ航空から郵便が届きました。

何だろう?とワクワクしながら郵便を開けると、シルバーメダリオン会員専用のスーツケースにつける荷物タグが2つ入っていました。

タグをつけていなくてもチェックインの際に出るた航空のアプリ会員番号を見せれば、シルバーメダリオン会員の特典は受けられますが、これをつけているとちょっと得意げな気分になります(笑)。

 

スカイチームのエリート会員資格

デルタ航空が加盟するアライアンス「スカイチーム」のエリート会員資格を得ることができます。

スカイチームのエリート会員は、デルタ航空だけでなく、スカイチームに加盟する航空会社のフライトで、優先チェックインや優先搭乗、座席の優先指定、優先キャンセル待ちができます。

実際にスカイチームの別の航空会社を利用した際には、エコノミークラスでも預け荷物は優先扱いですぐに出て来ましたし、航空会社によっては出発前にCAさんが席まで挨拶に来てくれたり、ちょっとしたグッズをくれたり、と様々なメリットがありました。

 

今すぐデルタ航空の上級会員になりたい!という人は、下記の記事をご覧ください。シルバーメダリオンどころか、さらに上のゴールドメダリオンになる方法をご紹介しています。

 

POSTED COMMENT

  1. RYOSUKE TAKAHASHI より:

    本日、2019年12月25日 silver medallionのbag tags が入っていると思われる封筒が届きましたが冊子と透明のstringsが3本入ってるだけでtagsは入っていませんでした。
    封筒の口が半分ほど開いていたように思われます。
    どうしたものでしょうか?

    • noelstravels より:

      タグは冊子を開いたところに貼り付けられていませんか?もしなければ写真を撮ってデルタ航空にメールしてみてはいかがでしょう?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です