空港&ラウンジ

プライオリティ・パスを無料で入手できるクレジットカードを比較

世界各国の空港でラウンジが利用できるようになる『プライオリティ・パス』を、クレジットカードに申し込むことで無料で入手できることは以前お話しました。

今回は、プライオリティ・パスを無料で入手できるクレジットカードを比較してみたいと思います。

クレジットカードによって入手できるプライオリティ・パスの会員ランクが異なるなど、それぞれ違いがあります。

プライオリティ・パスを目当てにクレジットカードの申し込みを検討している方は、ぜひ参考にしてください!

>>参考記事:『プライオリティ・パス』無料で空港ラウンジが使い放題になる!?

プライオリティ・パス (PP) とは

まずは前回の復習から。『プライオリティ・パス』世界各国の空港でラウンジが使えるようになるサービスで、利用可能なラウンジは1200ヶ所以上。

フライト前や乗り継ぎの間にラウンジを使ってゆっくりとくつろぐことができます。

出国検査後のエリアにあるラウンジで、ソファーに座って飲み物や軽食をいただきながら快適に待ち時間を過ごすことが出来るので、頻繁に旅行や出張で飛行機を利用する人にはとてもありがたいサービスです。

プライオリティ・パスについてはこちらの記事をご参照ください。

>>参考記事:『プライオリティ・パス』無料で空港ラウンジが使い放題になる!?

 

PPが入手できるカード一覧

プライオリティ・パスを無料で発行できる代表的なクレジットカードはこちら。

  • MUFGカード・プラチナアメックス
  • セゾン・プラチナアメックス
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ブラックカード
  • アメリカン・エクスプレス・カード (アメックス・グリーン)
  • アメリカン・エクスプレス・ゴールドカード (以下、アメックス・ゴールド)
  • JCBゴールド・ザ・プレミア
  • JCBプラチナ・カード
  • 三井住友プラチナ・カード
  • ラグジュアリー・カード

プライオリティ・パスを無料で入手できるクレジットカードは他にもありますが、年会費が10万円以上と高額だったりするので、今回は省略します。

この記事では、これらのカードを色々な観点から比較していきます!

 

年会費・家族カード

まずはクレジットカードの年会費から。可能な限り年会費は安くしたいところ。

いくらプライオリティ・パスが無料で手に入ると言っても、クレジットカードの年会費自体が高過ぎたら結局手が届きにくいですよね?

年会費と併せて注目したいのが家族会員へのプライオリティ・パス発行可否。カードによっては家族カード会員にプライオリティ・パスを発行できないものもあります。

年会費
[税別]
家族会員
PP発行
家族会員年会費 [税別]
楽天プレミアムカード¥10,000×(¥500)
アメックス・グリーン¥12,000×(¥6,000)
JCBゴールド・ザ・プレミア¥15,000×(1枚目無料)
(2枚目以降:¥1,000)
MUFGカード・プラチナアメックス¥20,0001枚目無料
2枚目以降:¥3,000
セゾン・プラチナ・アメックス¥20,000×(¥3,000)
JCBプラチナ・カード¥25,000×(1枚目無料)
(2枚目以降:¥3,000)
アメックス・ゴールド¥29,000(1枚目無料)
(2枚目以降:¥12,000)
楽天ブラックカード¥30,000×(無料)
三井住友プラチナカード¥50,000無料
ラグジュアリー・カード (チタン)¥50,000¥15,000

年会費は楽天プレミアムカードが最も安いことが分かります。しかし、楽天プレミアムカードを含むトップ3はいずれも家族会員にプライオリティ・パスの発行が出来ません

家族でプライオリティ・パスに申し込みたい場合は、「MUFGカード・プラチナアメックス」がオススメです。年会費はまずまずですが、その分色々なサービスが受けられます。

 

会員ランクの違い

プライオリティパスが無料で発行できるクレジットカードを選ぶ上で必ず注目したいのがプライオリティパスの会員ランク

プライオリティ・パスは「スタンダード」「スタンダード・プラス」「プレステージ」という3つの会員ランクがあります。同じプライオリティパスでも、会員ランクによってラウンジ使用料が異なるんです。

プラン年会費ラウンジ使用料同伴者料金
スタンダード$99$32/回$32/回
スタンダード・プラス$299無料(10回まで)
$32/回(11回目以降)
$32/回
プレステージ$429無料$32/回

当然、ラウンジが回数無制限で無料で使える「プレステージ」が一番いいですよね。

 

さて、ここからが本題です。

プライオリティ・パスを発行するクレジットカードの種類によってプライオリティ・パスの会員ランクが異なる点に注意が必要です。

会員ランク
楽天プレミアムカードプレステージ
アメックス・グリーンスタンダード
JCBゴールド・ザ・プレミアプレステージ
MUFGカード・プラチナアメックスプレステージ
セゾン・プラチナアメックスプレステージ
JCBプラチナカードプレステージ
アメックス・ゴールドスタンダード
楽天ブラックカードプレステージ
三井住友プラチナカードプレステージ
ラグジュアリー・カードプレステージ

プライオリティ・パスを目的にクレジットカードを選ぶなら、プレステージ会員になれるカードから選んだ方が良いでしょう。

アメックスはグリーン、ゴールドともに会員ランクはスタンダードになるので、ラウンジ利用料がかかります。ただし、アメックス・ゴールドは年2回までラウンジ使用料が無料になります。

 

便利な会員サービス

プライオリティ・パスが無料で入手できるクレジットカードは、いずれも年会費が1万円を超える高額なものですが、それに見合った会員サービスが用意されています。

うまく利用すれば簡単に年会費以上のサービスが受けられるんです。

ここでは、各クレジットカードの主なサービスの有無を比較してみました。




























補償







楽天プレミアムカード××※1×
アメックス・グリーン×××
JCBゴールド・ザ・プレミア×※2※3
MUFGカード・プラチナアメックス
セゾン・プラチナ・アメックス※2
JCBプラチナ・カード※3
アメックス・ゴールド
楽天ブラックカード※4※1×
三井住友プラチナカード
ラグジュアリー・カード (チタン)

※1. 年2回まで
※2. 割引のみ。コース料金1名無料サービスは無し
※3. 500円/回
※4. コース料金1名無料はMastercardのみ

サービスの面ではMUFGカード・プラチナアメックス、アメック・スゴールド、三井住友プラチナカード、ラグジュアリー・カード(チタン)のサービスが充実していると思います。

特に提携レストランのコース料金が1名無料になるサービスは、数回使えばすぐに年会費の元が取れてしまう魅力的なサービスなので、これが付いているカードはオススメです。

海外によく行く人であれば、海外旅行保険のほかに渡航遅延補償が付いていると、いざという時に便利です。

旅行保険などは同じ「○」でも保証金額などに差があったりしますが、それほど気にしなくても良いかと思います。

 

入会方法(申込制/招待制)

プライオリティ・パスを無料で発行できるクレジットカードには、誰でもすぐに申し込める「申込制」のものと、クレジットカード会社からのインビテーションを受けた人だけが申し込める「招待制」のものがあります。

入会方法
楽天プレミアムカード申込制
アメックス・グリーン申込制
JCBゴールド・ザ・プレミア招待制
MUFGカード・プラチナアメックス申込制
セゾン・プラチナアメックス招待制
JCBプラチナカード申込制
アメックス・ゴールド申込制
楽天ブラックカード招待制
三井住友プラチナカード申込制
ラグジュアリー・カード申込制

どれだけカードが魅力的でも、招待制のカードは下位のカードに申し込んで一定条件を満たすまでカードを使用する必要があります。

すぐにプライオリティ・パスを発行したい場合は申込制のクレジットカードを選んだ方が良いでしょう。

 

ポイント還元率は重要ではない?

次はプライオリティ・パスが発行できるクレジットカードのポイント還元率を比較してみましょう。

ポイント還元率とは、クレジットカードで買い物をした時に戻って来るポイントの割合です。ポイントを貯めると景品や商品券と交換したり、電子マネーとしてチャージできたりします。

ポイント還元率
楽天プレミアムカード1.0%〜5.0%
アメックス・グリーン1.0%
JCBゴールド・ザ・プレミア0.5%〜0.8%
MUFGカード・プラチナアメックス0.2%〜0.99%
セゾン・プラチナ・アメックス0.75%〜1.0%
JCBプラチナ・カード0.5%〜1.5%
アメックス・ゴールド1.0%
楽天ブラックカード1.0%〜6.0%
三井住友プラチナカード0.5%〜2.5%
ラグジュアリー・カード (チタン)1.0%

楽天カードの還元率が高く見えますが、還元率が高いのは楽天市場で買い物をした場合です。

他のクレジットカードも使用店舗やポイントの利用方法によって還元率が異なるので、一概に比較は難しいですが、0.5%〜1.0%が相場といったところです。

普段からクレジットカードで多く支払いをするのなら、より多くのポイントが還元される方がお得です。

しかし、プライオリティ・パスを無料発行できるクレジットカードという観点で選ぶなら、還元率はそこまで重視しなくても良いポイントかもしれません。

というのも、プライオリティ・パスを無料で発行できるクレジットカードの通常還元率は1%程度。しかし、年会費が安くて還元率がもっと高いクレジットカードは色々と存在します。

なので、プライオリティ・パスを目的にクレジットカードを申し込むとしても普段の支払いは別のクレジットカードにする、というのが得策です。

クレジットカードを1枚しか持ちたくない方で、プライオリティ・パスも欲しい方は、還元率を判断基準にしても良いと思いますが。

 

オススメの一枚はこれ!

本日ご紹介したプライオリティ・パスが無料で発行できるクレジットカードの中で、僕が最もオススメするカードは「MUFGカード・プラチナアメックス」です!

  • 年会費が高すぎない
  • プレステージ会員
  • 家族カードもPP発行可能&1枚無料
  • 各種サービスが充実
  • すぐに申し込みが可能

これら全てが揃ったカードであることから、僕はMUFGカード・プラチナアメックスを選びました。

MUFGカード・プラチナアメックスの申し込みはこちらからどうぞ↓

>>MUFGカード・プラチナアメックス (公式ホームページ)

 

それぞれのカードにメリット・デメリットがあるので、この記事を参考にどの点を重視するかを考えてカード選びに役立てていただければと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です