アメリカ

ホースシューベンドの行き方。バス、飛行機、レンタカー

ホースシューベンド

今回はアメリカのアリゾナ州にある絶景スポット『ホースシューベンド』への行き方をご紹介します!

ホースシューベンド観光の拠点となるラスベガスからの行き方3パターンに加え、ロサンゼルスからの行き方もご紹介します!

ホースシューベンドとは

ホースシューベンド

『ホースシューベンド』は、雄大なコロラド川が馬の蹄鉄 (ホースシュー) のように曲がった珍しい景色を崖の上から眺めることができる場所です。

崖の高さは約300mもありますが、柵もないためスリル抜群。高所恐怖症でなければ崖から身を乗り出して自然のスケールの大きさを堪能できます。

ホースシューベンドの旅行記はこちら↓

ホースシューベンド
『ホースシューベンド』は命懸けの絶景。転落にご注意!今回も前回までに引き続き、アメリカの大自然を巡るグランドサークル1泊2日旅行の記録をお伝えします。 今回訪れるのは、『ホースシュー...

 

旅のプランニングが重要

グランドキャニオンのマーサポイント<グランドキャニオン>

ホースシューベンドはアリゾナ州のペイジという街の近郊にあります。

このエリア (といってもスケールの大きいアメリカなのでかなり広範囲ですが) は「グランドサークル」と呼ばれ、自然遺産や国立公園が集まっています。

ホースシューベンドと合わせてどこに行きたいのかによって必要な時間や日数が変わってくるので、まずは旅の目的地を検討してみてください。

ホースシューベンドとセットで行ける代表的な観光地は、以下のようなものがあります。

 

モニュメントバレーのジョン・フォード・ポイント<モニュメントバレー(ユタ州)>

特にモニュメントバレーに行きたい場合、ラスベガスからは片道700km以上、約7時間半の道のりになります。

1泊2日以上が必須となるので、自分で運転するよりもバスや飛行機の利用をオススメします。

 

日本からラスベガスへ

ハイローラーから見たラスベガスの夜景

まずは、ホースシューベンドを含むグランドサークル観光の拠点となる「ラスベガス」への行き方です。

現在、日本からラスベガスまでの直行便はありません。その為、シアトルやロサンゼルス、サンフランシスコなどを経由する便を利用することになります。

僕が利用したシアトル経由の場合は日本から9時間、シアトルから2時間半で合計約11時間半 (乗り継ぎ時間は除く)。

ロサンゼルス経由の場合は日本から10時間、ロサンゼルスから1時間15分で合計約11時間15分です。

経由地で数泊して複数の都市を訪れるようなプランにするのもおすすめです。

 

デルタ航空の機体

ラスベガスへの便を運行している主な航空会社は、デルタ航空 (シアトル経由/ロサンゼルス経由)、ユナイテッド航空 (シアトル経由/サンフランシスコ経由)、アメリカン航空 (ロサンゼルス経由/ダラス経由)などがあります。

やはりアメリカ系の航空会社を利用するのが一般的です。

デルタ航空のシアトル経由便の搭乗機はこちらの記事をご覧ください↓
>>デルタ航空搭乗記。美味しい機内食とスタバのコーヒー

 

日本からラスベガスへの航空券の予約は、エイチ・アイ・エスが運営する格安航空券予約サイト<「サプライス」のホームページ>がオススメです!

 

ラスベガスからグランドキャニオンへの行き方

バス (おすすめ!)

グランドキャニオンへ向かうバス

ラスベガスからホースシューベンドへ行く最も一般的な方法がバスです。

僕もラスベガスから1泊2日のバスツアーに参加してグランドキャニオン、モニュメントバレーなどを回りました。

ラスベガスからホースシューベンドまでは最短で約4時間半。グランドキャニオンを経由するルートだと約6時間かかります。

往復だと9〜12時間の長旅になり、観光地でもたくさん歩いて疲れるので、運転はドライバーさんに任せて移動中はゆっくり休憩できるのが良いと思います。

バスツアーの場合は、途中の街で観光したり、休憩の為にパーキングエリアに立ち寄ったりしてくれるので、移動も全然苦になりませんでした。

 

ロウアーアンテロープキャニオン<アンテロープキャニオン(アリゾナ州)>

ラスベガスからホースシューベンドを訪れるバスツアーは多数あり、日帰りツアーから1泊2日や2泊3日で「モニュメントバレー」「アンテロープキャニオン」と一緒に訪れるツアーなどがあります。

効率良く観光地を回れる上に、ナバホ族と一緒にしか入れないモニュメントバレーやアンテロープキャニオンのツアーも手配してくれるので、とっても便利です。

お値段は日帰りで約1万7千円〜、1泊2日で約5万円〜です。

ラスベガスからバスで行くホースシューベンドへのオプショナルツアーは「VELTRA」のホームページで予約できます。僕もVELTRAのバスツアーを利用しました。

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

 

飛行機 (1番早い)

ホースシューベンドの最寄り空港は、ホースシューベンドから車でわずか15分ほどの場所にある「ペイジ市営空港」です。

ラスベガスからペイジ市営空港までは飛行機で約1時間半。最も早く移動することができる方法で、日帰りでも十分ホースシューベンド観光が可能です。

また、移動中の機内からもホースシューベンドやグランドサークルの雄大な自然の景色を眺められるのも飛行機ならではです。

ペイジ市営空港への便は、ラスベガスのメイン空港であるハリー・リード国際空港 (旧称マッカラン国際空港) ではなく、ボールダー・シティ空港発になります。

ラスベガスからペイジへの飛行機はシーニック航空という航空会社によって運行されており、午前6時32分発の1日1便となっています (2020年1月現在)。

航空券だけの手配だと空港からの移動手段に困ってしまいますが、ツアーなら空港からの送迎も含まれているので安心です。

飛行機で行く日帰りツアーの場合、フライトと送迎、ガイドツアー、昼食がセットになって約5万8千円~です。

ラスベガスから飛行機で行くホースシューベンドのオプショナルツアーは「VELTRA」のホームページで検索できます!

 

レンタカー (自分で運転したいなら)

「アメリカの広大な大地を自分で運転したい!」という方にはレンタカーがオススメ

ラスベガスからホースシューベンドまでは、直行で約4時間半。グランドキャニオンを経由するルートだと約6時間です。

レンタカー代は車の種類や期間によって異なりますが、1泊2日で約2万円〜借りることができます。大勢で割ればお得に旅行できますね。

慣れない海外の道を長時間運転することになるので、複数の人で交代で運転できる場合や、普段から長時間の運転に慣れている人にのみオススメします。

アメリカのレンタカーは<楽天トラベル (海外レンタカー) のページ>で検索&予約できます。HertzやAVISなど複数の大手レンタカー会社を比較できるので、便利です!

 

ラスベガスからホースシューベンドへ行く最短のルートは、ラスベガスから州間高速15号線と国道89号線で東に向かうルートです。

ラスベガスの郊外を走る州間高速15号線 (I-15N)で東に2時間ほど走った後、ワシントンの16出口で州間高速15号線を降り、州道9号線 (UT-9E) に入ります。

ハリケーンで州道9号線から州道59号線 (UT-59S) に入った後、東へ1時間ほど走ります (途中で州が変わり、道の名前が州道389号線 (AZ-389E) に変わります)。

フリードニアで左折して国道89号線A (US-89A)へ入った後、カナーブで右折し、国道89号線 (US-89S) を1時間ほど南へ進むとホースシューベンドに到着します。

アメリカでレンタカーを運転するためには、あらかじめ国際免許証(国外免許証)を入手しておく必要があります

日本の免許証を所持している方であれば、各都道府県の免許センターで交付を受けることができます。国際免許証の有効期限は1年間です。

交通ルールが日本と異なる海外での運転には十分気をつけてくださいね!

 

ホースシューベンドへの行き方比較

ホースシューベンド

ラスベガスからホースシューベンドへの行き方3パターンをまとめておきますので、それぞれのメリット・デメリットを比較してみてください。

時間金額
バス約4時間半約3万円〜/人 (日帰り)
約5万円〜/人
(1泊2日、ホテル代込み) 
飛行機約1時間半 (空港間のみ)約5万8千円〜/人 (日帰り)
レンタカー約4時間半約2万円〜/台 (1日)
+ガソリン代&ホテル代

 

ロサンゼルスからホースシューベンドへの行き方

ロサンゼルスのビバリーヒルズ

ホースシューベンドへ行く最も一般的なルートはラスベガスからバス・飛行機・レンタカーのいずれかで行く方法ですが、ロサンゼルスからもホースシューベンドへ行くことができます

ロサンゼルスからホースシューベンドへ行く場合、バスだと9時間くらいかかるので、1泊2日以上のツアーをオススメします。

1泊2日のツアーであれば、ホースシューベンド以外の場所も訪れることができます。お値段は1泊2日で約5万円〜(ホテル代含む)。

ロサンゼルスからホースシューベンドを訪れるツアーは「VELTRA」のホームページで検索できます!

 

ホースシューベンド観光の必需品

ホースシューベンド

ホースシューベンドに行く際にぜひ持っていってほしいものがあります。それは、「水」と「超広角レンズ付きのカメラ」です。

「水」は暑さ対策です。ホースシューベンドの駐車場から上の写真の場所までは10分〜15分くらいです。

それほど距離はありませんが、ちょっとした上り坂が続き、足元も柔らかい砂で普通より体力を消耗します。

夏の暑い時期には厳しい日差しが降り注ぎ、気温が40℃を超えることもあるので、熱中症対策として水を忘れないようにしてください。

「超広角レンズ付きのカメラ」はホースシューベンドの全景を写真に収めるために必要です (広角レンズとは、広い範囲をうつすことができるレンズのこと)。

僕は焦点距離がフルサイズ換算で24mm (一般的なカメラとしては広角の部類) のレンズを持って行きましたが、それでも不十分でした。

できればフルサイズ換算で16mmくらいの超広角レンズが理想です。

旅行にオススメのレンズはこちらの記事を参考にしてください↓

旅行に必要なレンズはこの2本!メーカー別おすすめレンズこの記事では旅行に最適な2種類の一眼カメラ用レンズと、メーカー別おすすめレンズをご紹介します。重いレンズを何本も持ち歩いていると大変。極力レンズを少なくして、旅行を楽しみましょう!...

 

今回は以上です!今後ホースシューベンドへの旅行を検討している方の参考になれば幸いです。

同じカテゴリの記事:「アメリカ」のカテゴリ