オーストラリア

メルボルンの『ノボテル・オン・コリンズ』に宿泊した感想

今回は、僕がメルボルンで宿泊したホテル『ノボテル・メルボルン・オン・コリンズ』(Novotel Melbourne on Collins) をご紹介します。

メルボルンの中心地に位置し、市内観光にも便利。清潔感があり快適な客室で、メルボルンでの宿泊にオススメです!

ノボテル・メルボルン・オン・コリンズについて

ノボテル・メルボルン・オン・コリンズ

「ノボテル・メルボルン・オン・コリンズ」は、メルボルンの中心を走る「コリンズ・ストリート」にあるホテルです。

ロイヤル・アーケードやフリンダース・ストリート駅まで徒歩数分という立地で、周囲にはたくさんお店があるので、便利です。

とは言え、夜もガヤガヤしてうるさい、ということは全くありませんでした。

ホテルは「ディベンハムズ」というお店と同じビルに入っており、上の写真の左側にある入り口から2階へ上がった所にフロントがあります。

ちなみに「ノボテル」はフランスのホテルブランドで、60ヵ国で400軒以上のホテルを運営しています。

 

客室

ベッドルーム

ノボテル・メルボルン・オン・コリンズの客室

僕が宿泊したのは「デラックスルーム」。26㎡の部屋にダブルベッドが2台置かれていました。

26㎡だと少し狭いかな…と思っていましたが、特に気になりませんでした。ダブルベッド2台の代わりにキングサイズベッド1台の部屋もあります。

デラックスルームの他に、スタンダード (シングルベッド2台またはクイーンサイズベッド1台)、ファミリースイート、ジュニアスイートと言ったタイプがあります。

 

ノボテル・メルボルン・オン・コリンズの客室

部屋の中は綺麗で、鮮やかなターコイズ色のベッドスローや、枕の後ろの壁のマットなど、爽やかな雰囲気でした。

インテリアも主張しすぎず、品があり、落ち着いた印象です。

Wi-Fiは無料、速度も問題ありませんでした。

 

ノボテル・メルボルン・オン・コリンズのテレビ

テレビは32インチの壁掛けタイプ。旅行中ゆっくりテレビを見ることはありませんでしたが、映画なども見られるようです。

 

ノボテル・メルボルン・オン・コリンズ

部屋の角にある棚にコーヒー紅茶のセットがあります。

 

ノボテル・メルボルン・オン・コリンズ

棚の上にはお菓子。こちらは有料になります。値段は5〜6ドル (約400〜500円)。

 

ノボテル・メルボルン・オン・コリンズの冷蔵庫

冷蔵庫の中にはハイネケン (ビール) や、オレンジジュース、コーラなどが入っていました。

ビールが11ドル (約800円)、ジュースが5〜5.5ドル (約400円) とちょっと割高です。

 

ノボテル・メルボルン・オン・コリンズ

ベッドの横のサイドテーブルには雑誌が2冊置かれていましたどちらも旅行者向けの雑誌です。

 

バスルーム

ノボテル・メルボルン・オン・コリンズのバスルーム

続いてバスルームです。バスルームにはバスタブ付きのシャワーがありました。旅行で疲れた時にお湯に浸かれるのは嬉しいです。

バスルームも清潔感があり、汚れなどは全く気になりませんでした。特に海外のホテルはこういったところで差が出ますよね…。

 

ノボテル・メルボルン・オン・コリンズのアメニティー

アメニティーはシャンプー、シャワージェル、コンディショナー。フェア・トレードのパラグアイ産サトウキビで作られているそうです。

フェア・トレードは、発展途上国の製品を適正な価格で購入し、生産者を支える取り組みのことです。

 

その他の施設

ノボテル・メルボルン・オン・コリンズのバー

ホテルの2階 (フロントと同じフロア) にはレストランバーがあります。お酒のほか食事を取ることもできます。

 

ノボテル・メルボルン・オン・コリンズ

夜12時まで営業しているので、ちょっと遅く帰ってきた後でも1杯飲んでから部屋に戻ることも出来て便利です。

この他、ホテルにはプールやジム、会議室などがあるそうです。

 

便利な立地や清潔感のある部屋など、十分満足できるホテルだったと思います。ちなみに、僕が泊まったデラックスルームは1泊約13,000円 (8月でした)。

「ノボテル・メルボルン・オン・コリンズ」はエクスペディアのホームページから予約できます。

>>ノボテル・メルボルン・オン・コリンズ (Expedia)

 

次回はメルボルンの空港から市内へのアクセス方法をご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です