ギリシャ

サントリーニ島への行き方比較。飛行機、フェリー、高速船

ギリシャのクルーズ船「Hellenic Seaways」

前回まで旅行記を書いたギリシャのエーゲ海に浮かぶ絶景の島「サントリーニ島」。実際にサントリーニ島へ行ってみたくなった方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、日本からアテネを経由してサントリーニ島へ行く方法3パターンをご紹介します。

それぞれの行き方のメリット・デメリットを含めて解説していきます。

サントリーニ島について

サントリーニ島のフィロステファニ

ギリシャ本土からは約200km離れた場所にある『サントリーニ島』は別名ティラとも呼ばれ、崖の上に立つ白い街並み、青いドームの教会、美しい夕日などで有名です。

エーゲ海に向かって岸壁に建つリゾートホテルに泊まり、たくさんの人で賑わうフィラのおしゃれなショッピングストリートを訪れ、青いドームの教会が多いイアの展望台から夕日を眺めば、日常を忘れる最高の1日になること間違いなしです!

サントリーニ島の旅行記はこちら↓
>>カテゴリ:サントリーニ島

 

日本からの行き方

サントリーニ島へは、ギリシャの首都アテネを経由して行く方法が一般的です。アテネも一緒に観光できるので一石二鳥です!

しかし、現在、日本からアテネへの直行便はありません。その為、ヨーロッパや中東を経由してアテネに行くことになります。

 

ルフトハンザドイツ航空の機体<ドイツを経由するルフトハンザ航空>

所要時間はヨーロッパ経由が一番早く、最短で約16時間

ヨーロッパを経由する場合は、フランクフルトを経由する「ルフトハンザドイツ航空」、パリを経由する「エールフランス航空」、イスタンブールを経由する「ターキッシュ・エアウェイズ」などが便利です。

>>参考記事:ルフトハンザ航空搭乗記。充実の映画やテレビ番組

>>参考記事:エールフランス搭乗記2019。成田・羽田・関空便の比較も

 

エミレーツ航空エアバスA380<ドバイを経由するエミレーツ航空>

中東経由の場合は約20時間〜と長くなりますが、1回のフライトはヨーロッパ経由より短くてすみます。

中東を経由するルートとしては、ドバイを経由する「エミレーツ航空」、アブダビを経由する「エティハド航空」、カタールを経由する「カタール航空」などがあります。

>> 参考記事:エティハド航空搭乗記。アブダビ経由でヨーロッパへ!

>>参考記事:エミレーツ航空エアバスA380搭乗記。空飛ぶホテルの噂は本当か?

 

日本からアテネへのお得な航空券の予約は、エイチ・アイ・エスが運営する格安航空券予約サイト<「サプライス」のホームページ>がオススメです!

 

アテネからサントリーニ島への行き方

飛行機

アテネから一番早くサントリーニ島に行く方法が飛行機です。アテネ国際空港からサントリーニ島のティラ空港までの所要時間は約50分。便数も多く、1日に何本も運行しています。

チケットの相場は日本の旅行会社で予約した場合、往復で3万円前後です。しかし、タイミングよく格安航空券が手に入れば、往復1万円以下のチケットが手に入る場合もあります!

※航空会社やチケットによっては、受託手荷物の料金が含まれていない場合があります。

総合的に考えて一番オススメな移動手段は、この飛行機です。何より他の方法に比べて格段に早い (フェリーは8時間、高速船は5時間)、そして値段も他とあまり変わりません (むしろ安い場合もある)。

 

アテネとサントリーニ島を結ぶ路線を運行している航空会社には「オリンピック航空」「ライアンエア」「ボロテア航空」「エーゲ航空」「ハーン・エア」などがあります。

サントリーニ島の空港は、「ティラ国際空港」とも呼ばれます。「サントリーニ島」で検索しても出てこない場合は、「ティラ」または空港コードの「JTR」で検索してみてください。

アテネからサントリーニ島への格安航空券は、<「Kiwi.com」のホームページ>で数多く取り扱っています。

海外の旅行会社ですが、ホームページの表記は日本語です(問い合わせは英語のみ)。日本の旅行会社よりもお得な航空券が見つかる可能性大です!

 

海外の旅行会社を使うのが不安、という方は、<HIS (エイチ・アイ・エス)のホームページ>で検索してみてください。

取り扱っている航空会社は限られていますが、アテネからサントリーニ島への航空券を購入できます (検索の際に「海外発」に切り替えてから出発地を入力してください)。

 

サントリーニ島へ向かう機内からはエーゲ海に浮かぶ島々を見ることができました。

ギリシャにはサントリーニ島の他にもミコノス島やクレタ島、ロドス島など観光地として有名な島がたくさんあるので、いつかゆっくりと回ってみたいものです。

 

フェリー

アテネからサントリーニ島へは船でも行くことができます。低速のフェリーだと8時間〜10時間程度かかるので、美しいエーゲ海を眺めながらのんびりと移動したい人にオススメです。

サントリーニ行きのフェリーを運行しているのは、「Blue Star Ferries」「ANEK LINES」「ZANTE ferries」の3社。

シーズンによって値段は変わりますが、相場は往復1万5千円程度です。いずれもハイシーズンでも週に数便の運行と、便数はあまり多くありません。冬のオフシーズンは運行していない会社もあります。

アテネではピレウス港という港から出港します。ピレウス港までは地下鉄の1号線(グリーンライン)で行くことができます。アテネの中心地からは15分くらいです。

フェリーのスケジュールの検索と予約は<「ダイレクトフェリー」のホームページ>から可能です。

 

高速船

船でエーゲ海を渡りたい!でもフェリーはちょっと時間がかかりすぎる…という方にオススメなのが高速船

所要時間は5時間前後で、便数もハイシーズンであれば1日1〜数便あるので、フェリーよりも利用しやすいかもしれません。

高速船を運行しているのは「SEAJETS」と「HELLENIC SEAWAYS」。こちらも時期によって値段は変わりますが、往復2万円程度と低速のフェリーよりも少し高い設定になっています。

フェリーと同じくアテネのピレウス港からの出港になります。チケットは<「ダイレクトフェリー」のホームページ>で検索&予約できます。

 

アテネからの行き方比較

所要時間料金 (往復)出発地
飛行機約50分8千円〜3万円アテネ国際空港
フェリー8〜10時間1万5千円前後ピレウス港
高速船5時間2万円前後ピレウス港

移動の効率だけを考えると飛行機がファーストチョイスだと思います。海を見ながらのんびり旅行したい場合はフェリーや高速船も良いかと思います。

 

アテネ発のツアーも豊富!

アテネからサントリーニ島への移動とホテルがセットになったツアーも多数あります。

ギリシャにはサントリーニ島の他にもミコノス島やロドス島など人気の島がたくさんあり、サントリーニ島を含む複数の島をクルーズ船で巡るツアーなどもあります。

アテネにも旅行会社たくさんありますが、特にハイシーズンは空席がなくなってしまうこともあるので、日本で事前に申し込んでおくことをお勧めします。

サントリーニ島へのツアーは<オプショナルツアーの「VELTRA」のホームページ>で検索&予約できます。

 

サントリーニ島旅行に必要な日数

サントリーニ島イアの展望台からの景色

実際にサントリーニ島へ行くには何日くらい必要でしょうか?

全部で7〜9日の旅行だとすると、サントリーニ島の滞在日数は2泊3日程度が現実的かと思います。

行きと帰りに半日ずつ(飛行機の場合)、主な観光地である「フィラ」と「イア」でそれぞれ半日、残った1日で「フィロステファニ」や「アクロティリ遺跡」、ワイナリーのいずれかを訪れたり、ホテルでのんびりしたり、といったプランです。

日程スケジュール例
1日目午前:アテネから飛行機で
サントリーニ島へ
午後:フィラの街を散策
2日目午前:フィロステファニ or
ワイナリー or
アクロティリ遺跡
午後:イアで夕日鑑賞&夕食
3日目午前:ホテルでのんびり
午後:飛行機でアテネへ

 

サントリーニ島を訪れる日本発のツアー

サントリーニ島のフィラの街

個人で飛行機やホテルを手配するのが不安、という方は、日本発のツアーに申し込みましょう!

日本からだと6〜8日間でアテネとサントリーニ島などを回るツアーが一般的です。

<サントリーニ島を含むツアー日程の例>
日程スケジュール
1日目午後:羽田空港を出発
2日目午前:アテネ到着
飛行機でサントリーニ島へ
3日目サントリーニ島で自由行動
4日目サントリーニ島で自由行動
5日目サントリーニ島で自由行動
6日目午前:飛行機でアテネへ
午後:アテネで自由行動
7日目午前:アテネで自由行動
午後:アテネ空港出発
8日目羽田空港に到着

<「近畿日本ツーリスト」のホームページ>ならサントリーニ島へも行けるツアーが多数揃っていますので、ぜひ一度検索してみてください!

 

日本からサントリーニ島へ行くには、最短でも20時間ほどかかりますが、サントリーニ島の絶景は一生の思い出になること間違いなしです!

この記事を参考にぜひ一度訪れてみてください!

 

次回はギリシャを舞台にした映画をご紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です